第17回長野近県対抗チーム戦(7月10-11日・松本市やまびこドーム)に石川県シニアテニスチームが参戦しました。大活躍の様子をアップします。(赤字をクリック)

7月3日(水)チーム対抗戦が内灘町総合公園テニスコートにて開催されました。成績、大会風景をアップします。

 

5月19日開催のゆうりんピック2019の成績・写真をアップしました。成績・写真をクリック)1部はねんりんピック全国大会石川県代表選考会を兼ねています。

 

 31年度行事開催に当たって

          理事長 新川 明博

石川県シニアテニス連盟主催の平成31年度行事は、4月11日の春季大会から始まり12大会を予定しています。新しく趣向を凝らし皆様に充分楽しんで頂けるもの と思います。さらに、日本シニアテニス連盟関係8大会及び金沢市スポーツ事業団との共同練習会(6回)が始まります。奮って御参加下さい。【健康長寿】の秘訣として、1)沢山の友達、仲間を作る事、2) 適度な運動をする事等が言われています。以前にご紹介致しましたように、全ての運動競技の中でテニスは最も健康長寿に効果的と報告されています。健康長寿全国ランキングでは石川県は男性が5位女性が18位だそうです。是非、皆さんでテニスに誘い合い、大会に参加して頂いて石川県を健康長寿全国ナンバーワンの県に挑戦しましょう。

新着情報

4月11日(木)開催の石川県シニアテニス春季大会の成績、写真をトップページ、石川春季大会のページにアップしました。   (ここをクリック)

 

                  をクリック)

2019年度 年間行事予定をアップしました

 

 

 

 

4月11日開催の石川県シニアテニス春季大会開会式の様子です

新川理事長<テニスは寿命を延ばす> 

スポーツには寿命を延長する効果があることは知られていました。デンマークのPeter Schnohr氏(Mayo Clic Proc 2018.09.04 オランダ版)によると

デンマーク・コペンハーゲンでの8577例で25年間の追跡調査の結果「運動不足の人に比べ、日常的に運動をしている人の寿命が顕著に長かった。その内訳は、テニス 9.7年、バトミントン 6.2年、サッカー 4.7年、サイクリング 3.7年、水泳 3.4年、ジョギング 3.2年、スポーツジムでの運動 1.5年の寿命延長が確認された。」Mayo Clinic スポーツ医学Laskowski氏はラケットスポーツが最も平均寿命を延長していることに着目し、「ラケットスポーツはインターバルトレーニング(休憩を挟みながら高負荷と低負荷の運動を繰り返すトレーニング)の効果があるのでは」と考察している。

より詳細な解説は以下のサイトです。各々クリックしてご覧下さい。

The New York Times

Steven Salzberg

<シニアテニスで健康寿命を延ばしましょう>